看護師

治療方法

非定型うつ病の主な治療方法としては、大きく分けて3つの治療法があげられます。
まず一つ目にあげられる治療法としては、「生活習慣の見直し」があげられます。うつ病を発症してしまう原因として、しっかりと休養を取らなかったり、健康的な食生活を送っておらず栄養バランスが偏っているなどの生活習慣の乱れがあげられます。それらを見なおして、しっかりと休養を取る、または栄養バランスの取れた食生活を送ることで、いくらでもうつ病は改善、予防することができるのです。うつ病を引き起こす原因として、脳の中の神経伝達物質のバランスの乱れがあげられます。これは、精神的・肉体的ストレスを感じることで崩しやすくなってしまうものでもあり、休養をしっかり取って脳と体を休めてあげることでバランスを保つことができるのです。
二つ目にあげられる治療法として、「薬物治療」があげられます。薬物治療とは、うつ病治療には欠かせない治療法となっており、人によって、症状によって処方される薬物には違いが見られます。基本的には、抗うつ剤が処方されますが、症状によって、精神安定剤や睡眠導入剤などの薬物なども使用されます。
三つ目にあげられる治療として、「精神療法」があげられます。精神療法とは、薬物治療と並行して行われる治療法となっており、うつ病の原因となったストレスの原因と突き止め、その対処法を見出す治療法のことを指します。精神療法によりしっかりと原因を突き止め追求し、その対処法を見つけ出すことで、現在のうつ病が改善することの他、再発を予防することにも繋がります。そのため、薬物治療と共に行われるケースが多いのです。これらを並行して治療していくことで、効果的にうつ病を克服することができるでしょう。