案内する男性

ストレス社会

近年の世の中とは、別名「ストレス社会」と呼ばれています。多くの方がストレスを抱え、ストレスと上手く付き合いながら、またはストレスに耐えながら生活をしているのです。ストレスを抱える方は働く世代だけに限らず、定年退職を経た高齢者であったり、学校に通っている子どもたちにも多く見られます。
年齢によって、人によって、さまざまなストレスの種類があります。職場の人間関係に悩みを抱えたり、または学校での人間関係、家庭内での人間関係に悩みを抱える方は少なくはありません。人間関係に対するストレスを抱える方は多く見られますが、それ以外にも、仕事に対するストレスであったり、勉強に対するストレス、家庭内での葛藤に関するストレスであったりと、人によって、年齢によって、性別によってさまざまなストレスがあげられるのです。
男性の場合であれば、対人関係であったり身近な人の病気や死などによる精神的なストレスを抱える方も多く見られますが、仕事に対するストレスや経済的なストレスを抱える方が多く見られます。女性の場合は、男性と同じように対人関係であったり身近な人の病気や死などによる精神的なストレスも当然のことながらあげられますが、妊娠や出産、整理などによる身体的なストレスであったり、家庭内での葛藤によるストレスなどが多く見られます。
このようにさまざまなストレスがあげられますが、いずれも、ストレスを発散させずに貯めたままにしておくと、そのストレスがうつ病を引き起こしてしまう原因にもなってしまうのです。ストレスを抱えたままでいると、自律神経が乱れてしまうと共に、脳内の神経バランスが崩れてしまいます。そうなると、感情や意欲を司る神経バランスを崩してしまうことにも繋がり、うつ病を発症させてしまう可能性が高くなるのです。
一言で「うつ病」とは言っても、それにはいくつかの種類に分けることができ、その一つに「非定型うつ病」があげられます。これは近年、若年層に多く見られるうつ病となっており、「気付かれにくいうつ病」とされています。自分自身では気づいてはいないかもしれませんが、もしかすると、あなたも非定型うつ病の傾向があるかもしれませんよ?若年層を悩ませる非定型うつ病とは、いったいどんなうつ病なのかチェックしていきましょう。